IPv6(IPoE)でサーバーを公開する

1.IPv4で(この方法は確実につながる!)

  • NTTルータでポートを開ける。
    • http://192.168.1.1:8888/t/
    • http://ntt.setup:8888/t/
    • http://192.168.1.1/t/
  • 「静的NAPT設定」で設定する。

2.IPv6接続確認(Linux)

  • 以下のコマンドを実行すると、IPv6アドレスの確認ができる。
$ /sbin/ip -6 addr show
3: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qlen 1000
      inet6 2001:db8:2000:aff0::/32 scope global
        valid_lft forever preferred_lft forever
      inet6 ff32:20:2001:db8::/96 scope link
        valid_lft forever preferred_lft forever
  • globalと書いてあるのが、外部からアクセスできるアドレス。

lighttpdの設定

  • server.use-ipv6を追加する。
server.use-ipv6 = "enable"
$SERVER["socket"] == "[::]:443" {
        ssl.engine              = "enable"
        ssl.pemfile             = "/etc/lighttpd/ssl/server.pem"
        server.document-root    = "/srv/www/ssl/"
        accesslog.filename      = "/var/log/lighttpd/access_log.ssl"
}

3.IPv4の契約を用意する(この方法も確実につながるがお金がかかる)

  • NTTルータの「IPv4の一時停止」をオンにする。
  • 「IPv4 PPPoE」を設定する。(メインに設定しないとなぜか動作しない)
Written on April 13, 2017