証明写真を30円で作成する

パスポート写真

概略

  • デジカメかスマホで撮影する
    • ※自分で撮影し申請すると受理されないことがあるので、以下の注意点を守ること!
  • コンビニかプリンターで印刷する

用意するもの

  • デジタルカメラ、パソコン、三脚
  • 簡単に済ますなら、スマホ

撮影場所

  • なるべく日当たりの良い部屋
  • 横からではなく正面から光を受けられる場所
  • 部屋の照明もつけて、明るい部屋に
  • 白い背景の壁から1〜1.5メートル離れて立つ
  • 後でトリミングするので、上半身が写る範囲で撮影

髪型・眼鏡・表情に注意!

  • 無帽
    • 帽子など頭の形がわからないもの×
  • ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないもの
    • ただし細いヘアバンド、目立たないものは大丈夫
  • 眼鏡のレンズに光が反射していないもの
  • サングラス、マスク及び前髪などが目を隠すなど顔が確認しにくくないもの
    • サングラス×
    • マスク×
    • 髪が目にかかる×
  • 服装については特に規定はない
  • 偏らない、横見ない、傾かない、笑わない
  • ピンぼけ、影、ノイズに注意!
    • 背景の影も×

撮れたらトリミング

  • 写真が取れたら、トリミングをする
    • 「証明写真をつくろう! フリー版」
      • セブンイレブンで印刷する場合
      • パスポート写真などの大きさを設定し、トリミング
      • メニュー→「表示」→「デジタルプリントの余裕設定」を3%にする
      • L版で保存
      • セブンイレブンにその画像をUSBメモリーやその他の方法で持っていき印刷(30円)
  • スマホなら「履歴書カメラ」を使う

トリミングは顏の大きさに気を付ける

  • 写真のサイズや顔の大きさには厳しい規定があるため、慎重に調整する

蛇足

  • パスポートの更新
    • 期限が切れる前なら、パスポートと写真を持っていくと、更新の申請ができる
    • 10年だと14,000円(収入印紙)+2,000円(都道府県証紙)かかる
    • 収入印紙はnanacoで買える(200円×70枚)
    • 9日ぐらいで発行(例:8/14申請→8/23発行)
Written on August 15, 2017