Fedora 24でpocl 0.12を使う

概要

Fedora 23から24へアップグレードしたら、poclが重くて使い物にならなくなった。 poclだけ古いバージョンに戻してみる。

RPMのアンインストール

  • Fedora 24のパッケージをアンインストールする。

    $ rpm -e libclc mesa-libOpenCL pocl –nodeps

RPMのインストール

  • Fedora 23からパッケージをダウンロードしてくる。

    $ rpm –force –nodeps -Uvh clang-3.7.0-4.fc23.i686.rpm clang-libs-3.7.0-4.fc23.i686.rpm llvm-3.7.0-4.fc23.i686.rpm llvm-libs-3.7.0-4.fc23.i686.rpm pocl-0.12-1.fc23.i686.rpm

動作確認

$ clinfo
Number of platforms                             1
Platform Name                                   Portable Computing Language
Platform Vendor                                 The pocl project
Platform Version                                OpenCL 1.2 pocl 0.12

覚書き

  • 原因については次のように書かれていた。
  • If pocl’s kernel build seems really slow, it is very possible you have built your LLVM with Debug+Asserts on. [http://portablecl.org/docs/html/faq.html]
  • 他に gcc, clang でコンパイルしたプログラムがセグメンテーション・フォルトになる現象が起きた。
  • 原因は、glibc-develのcrt1.oだったので、これもダウングレードした。
Written on July 22, 2016