gitの使い方のメモ。

既存のファイルをgitに追加

git init
git remote add origin https://xxx.visualstudio.com/_git/xxx
git add .
git commit -m "first commit"
git push -u origin master

リモートリポジトリを変更

git remote -v
git remote remove origin
git remote -v
git remote add origin https://xxx@gitlab.com/xxx/xxx.git
git push -u origin master

直前のコミットに上書き

コミットメッセージを変更したい時に

$ git commit --amend

直前のコミットをなかった事に

「HEADの位置」のみ

$ git reset --soft HEAD^

「HEADの位置・インデックス・ワーキングツリー」全て。ファイルも変更される恐れあり!

$ git reset --hard HEAD^

参考: https://qiita.com/shuntaro_tamura/items/db1aef9cf9d78db50ffe

LFSを使う

git lfs track "*.rpm"
git lfs track
git lfs ls-files

gitの設定

$ git config --global user.name "name"
$ git config --global user.email "email@gmail.com"

フォーク元の差分を取り込む

ローカル環境で該当プロジェクトのディレクトリに移行して、フォーク元のリポジトリを登録

$ git remote add upstream https://github.com/xxx/xxx.git

フォーク元から差分を取得してマージ

$ git fetch upstream
$ git merge upstream/master

コンフリクト(CONFLICT)とした場合

1. 競合している箇所の確認する

$ git status

2. 必要箇所を修正する

該当ファイル内で、コンフリクト箇所は「«« HEAD」「====」「 »» topic」によってハイライトされているので、その部分を編集して直す

3. コミットしなおす

$ git add xxx
$ git status
$ git commit